大変な業務を外注するメリット

大変な業務を外注することで得られるメリット

どのような業務を外注するのか?

外注のメリットの一つめがコストダウンを実現できることです。 多数の業務に手を出すことは費用対効果を高めるものではありません。 専門分野を絞りそれを掘り下げることで、より高い利益を生み出すことができるのです。 したがって主力分野の強化というメリットを実現することもできるのです。

効果的な人材活用

業務を外注するメリットを主に費用面から考察を行いましたが、次に見るのは人材面でのメリットです。 外注することで生まれる余剰人員をどのように活用するかがポイントとなります。 そのためには何を外注し、何を自社で行うのかという選別が重要となってきます。

利益を上げられる外注先を選ぼう

ここまで読まれた方は、業務の外注のメリットを実現するための考え方についておおよそのことがつかめたかと思います。 ここでは外注のもう一つのメリットに触れながら、実際に外注先を選ぶときにどのようなことに注意を向ければいいかといった点にも目を向けていきます。

競争力を磨くには?

ビジネスにおいて利用される外注とは、仕事を自社で行うのではなく、外部の専門業者に業務を委託することです。
外注されるものの例としてまず物流が挙げられます。
商品の配送や在庫管理を行うには、輸送機器や倉庫など比較的規模の大きな物的資源が必要です。
それらを確保するスペースも必要となるため、都市部にオフィスを持つ企業などは物流を専門業者に委託するという形をとることが多くなります。

また事務業務であったり、受付業務といったものを外注することもあります。
事務や受付はそれほど専門性が高くないものの、業種によっては仕事量の多さからたくさんの人材が必要とされる分野でもあります。
このような専門性の低いものをパートタイマーに割り当て、企業の根幹に関わるものを正社員に割り当てるという手法が広まっています。

逆に、専門性の高い業務を専門家に依頼するということもあります。
代表的なものが法務や会計です。
これらは法律や会計に携わる有資格者であったり、そのような専門家からなる事務所に依頼されます。
またシステム開発であったり、ウェブサイトの構築といったものも高度な専門的知識が要求されるので、その分野の技術者に依頼することが多くなります。

つまり外注とは、企業の得意分野や競争分野でない業務を、それらを専門とする業者に委託することで、経営の効率化を図ろうとするものです。
そうすることでコストを削減したり、外注することで生まれる人的・経済的余裕を自らの主力業務に注ぐことができるのです。