利益を上げられる外注先を選ぼう

選択肢の多い外注先

自社の社員に仕事を任せるのと、外部の業者に仕事を依頼することには大きな違いが存在します。
それは成果が出ない場合に現れます。
つまり、外注先が成果を上げられないならば、他の外注先に依頼することができます。
一方、社員が成果を上げられなかったとしても、会社には彼らの雇用を確保するという義務がある以上、簡単には業務を外せない側面があります。
また社員の育成という目的からも、時間をかけて業務を教えることが必要です。

企業と外注先には雇用者・被雇用者の関係がない以上、企業は遂行したい仕事に適した外注先を自由に選ぶことができるのです。
つまり経営者目線から見れば、業務の外注は社員の問題を気にせずに成果を上げられる便利な手段であるといえます。

賢い外注の仕方とは?

では実際に外注先を選ぶ際にはどういった点に留意すればよいのでしょうか。
第一にしっかり見積もりをとり、その外注が本当に自社のコストダウンを実現できるのかという点を考える必要があります。

また外注先としっかり意思疎通をとる必要があります。
給与計算を依頼するにしても、会社独自のルールがあるのならばそれらを確実に伝えなければいけません。
間違った情報で依頼してしまうと、逆にコストを増やしてしまうことにつながりかねません。

こうした外注によってどれだけの成果が得られたかを確認することで、次にとるべき戦略が見えてきます。
どれを自分たちで行い、どれを他社に依頼するのかというバランスは会社により異なります。
経営者たちはそうした見極めを正確に行うことで、外注のメリットを最大限に生かすことができるのです。